鷹見会計事務所
  ホームへ戻る
固定資産売却損 2008/9/19
会計・税務用語集
1.固定資産売却損とは
  土地、建物、機械、車両等の固定資産の売却によって生じた損失を計上する科目です。
  損失の額は、売却する固定資産の売却前の帳簿価額から売却価額を控除した額となり
 ます。
  売却価額が帳簿価額を上回る場合は「固定資産売却益」の科目を使用します。
  なお、売却に伴う諸費用も、売却損に加算します。
2.消費税との関係
  固定資産の売買については、土地等の非課税資産を除き、原則として課税取引となります。課税標準額は売買価格(又は下取価格)です。
3.仕訳例
 (1) 消費税を考えない場合
  <設例>取得価額1000万円の土地を900万円で売却した
  <仕訳>       借 方                    貸 方
       現 金 預 金    9,000,000  /  土      地  10,000,000
       固定資産売却損  1,000,000
 (2) 消費税を計上する場合
  <設例>取得価額1000万円、既償却額300万円、帳簿価額700万円の建物を税込630万
       円で売却した
  <仕訳>       借 方                    貸 方
       現 金 預 金    6,300,000  /  建     物   7,000,000
       固定資産売却損  1,000,000      仮受消費税    300,000
  ホームへ戻る
copyright © TAKAMI KAIKEI all rights reserved.