鷹見会計事務所
  ホームへ戻る
未収収益 2008/11/27
会計・税務用語集
1.未収収益の定義
   「一定の契約に従い、継続して役務の提供を行う場合、既に提供した役務に対していまだそ
  の対価の支払を受けていないもの」 
を未収収益といいます。
   具体的には、未収利息、未収地代家賃、未収手数料などをいいます。
   未収収益は、支払を受けてはいないが、期間の経過に伴い既に当期の収益として発生して
  いるため、発生主義の原則に基づいて収益計上した際の借方科目(流動資産)です。
   未収収益は未払費用、前受収益、前払費用と共に 「経過勘定」 の一つとされています。
   経過勘定とは、継続して行われる役務提供について、実際の現金収支ではなく当期に対応
  する費用又は収益を損益計算署に計上する際に、その相手科目として貸借対照表に計上され
  る勘定科目をいいます。
2.未収収益と未収金の違い
   未収収益は、継続して役務の提供を行う際に、既に経過している部分を時の経過に基づいて
  按分して計算した額です。
   一方、未収金は役務のほか財貨などのサービス提供を既に行い、請求権が確定しているも
  のをいいます。
  ホームへ戻る
copyright © TAKAMI KAIKEI all rights reserved.