鷹見会計事務所
  ホームへ戻る
前払費用 2008/11/26
会計・税務用語集
1.前払費用の定義
  「一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、いまだ提供されていない役務に対し
  支払われた対価
」 を前払費用といいます。
   具体的には、未経過の支払利息、保険料、地代家賃、リース料などをいいます。
   前払費用は 未収収益、前受収益、未払費用と共に 「経過勘定」 の一つとされています。
   経過勘定とは、継続して行われる役務提供について、実際の現金収支ではなく当期に対応
  する費用又は収益を損益計算署に計上する際に、その相手科目として貸借対照表に計上され
  る勘定科目をいいます。
2.前払費用と前払金の違い
   前払費用は、継続して行われる役務提供の対価を当期中に支払った際、その支払額のうち
  に翌期以降に対応する部分がある場合、その部分を期間の経過に基づいて繰り延べたもので
  す。従って、その計上される金額は計算上の金額であり、実際の収支の金額ではありません。
   一方、前払金は期間の経過とは関係なく、役務提供を受ける前もしくは財貨購入の前に実際
  に支払った金額であり、計算上の金額ではありません。
3.長期前払費用
   前払費用のうち決算日から1年を超えて費用となるものを長期前払費用といい、固定資産
  (投資等)に分類されます。
   従って、流動資産の(短期)前払費用は原則として1年以内に費用化されるものをいいます。
4.短期前払費用の税務上の取扱い
   前払費用は原則として翌期以降に経費となるものですが、以下の要件を満たせば当期中に
  費用処理することが税務上認められています。
  (1) 前述の前払費用の定義要件を満たしている。
  (2) 毎期継続して支払時に費用処理している。
  (3) 借り上げ社宅の受取家賃と支払家賃のように収益との対応関係があるものではない
    こと。

  ホームへ戻る
copyright © TAKAMI KAIKEI all rights reserved.