ヒノキ(檜) 2015/4/21
樹の国・日本
樹種別一覧
和音別検索
スギ(杉)
クスノキ(楠)
イチョウ(銀杏)
ケヤキ(欅)
カツラ(桂)
サクラ(桜)
シイ(椎)
カヤ(榧)
ヒノキ(檜)
ムクノキ(椋)
マツ (松)
トチノキ(栃)
カシ(樫)
巨樹・巨木・名木(檜・ヒノキ)

樹 種 名 称 所在地 幹 囲
ヒノキ 青龍寺観世音堂のヒノキ 福島県岩瀬郡天栄村牧ノ内字竜生 7m
ヒノキ 田中稲荷神社のヒノキ 福島県二本松市若宮2丁目 5.5m
ヒノキ 静神社のヒノキ 茨城県那珂市静字帝青山2 7m
ヒノキ 平田神社のヒノキ 栃木県日光市大桑町1293 5.7m
ヒノキ 菅原神社のヒノキ 群馬県富岡市妙義町菅原1423 5.5m
ヒノキ 倉沢のヒノキ 東京都西多摩郡奥多摩町日原567 6.2m
ヒノキ 屏風山の大ヒノキ No1 福井県大野市秋生 12.9m
屏風山の大ヒノキ No2 11m
ヒノキ 面谷の大桧 福井県大野市面谷 7m
ヒノキ 紀倍神社のオニヒバ 福井県坂井市春江町木部西方寺 3.7m
ヒノキ 富士浅間神社のヒノキ 山梨県富士吉田市上吉田 7.65m
ヒノキ 船宮神社の大ヒノキ 山梨県甲州市塩山平沢113 6.25m
ヒノキ 四尾連のリョウメンヒノキ No1 山梨県西八代郡市川三郷町山保 6.15m
四尾連のリョウメンヒノキ No2 4.85m
ヒノキ 魔王権現のヒノキ 山梨県山梨市三富柚木字寺井732 5.7m
ヒノキ 顕本寺のヒノキ 山梨県南巨摩郡南部町万沢 5.3m
ヒノキ 鶯宿峠の両面ヒノキ 山梨県笛吹市芦川町鶯宿 4.45m
ヒノキ 水無神社のヒノキ 長野県木曽郡木曽町福島字伊谷 7.4m
ヒノキ 小野神社のヒノキ 長野県塩尻市北小野宮前 6.6m
ヒノキ 日向八幡宮のヒノキ 長野県木曽郡木曽町三岳日向 5.7m
ヒノキ 住吉神社の大ヒノキ 長野県安曇野市三郷温5932 5.45m
ヒノキ 三日町若宮八幡宮のヒノキ 長野県大町市大町8254 5.1m
ヒノキ 川浦渓谷の根上がり檜 岐阜県関市板取 川浦渓谷 10.3m
ヒノキ 洗出天然林のヒノキ No1 岐阜県恵那市上矢作町上村山 8.3m
洗出天然林のヒノキ No2 5.2m
ヒノキ 六厩のヒノキ 岐阜県高山市荘川町六厩字軽岡 7.67m
ヒノキ 笠木 岐阜県恵那市上矢作町上村 7.54m
ヒノキ 神坂大桧 岐阜県中津川市神坂袖林湯舟沢 7.5m
ヒノキ 大智寺の大ヒノキ 岐阜県岐阜市北野668-1 6.6m
ヒノキ 白山神社の六本ヒノキ 岐阜県郡上市大和町神路549 6.2m
ヒノキ 坂下の十二本ヒノキ 岐阜県下呂市小坂町坂下1210 6m
ヒノキ 長江のヒノキ 愛知県北設楽郡設楽町長江 6m
ヒノキ 古宮の大ヒノキ 愛知県新城市作手清岳字宮山 5.85m
ヒノキ 惣田のヒノキ 愛知県豊田市惣田町 5.5m
ヒノキ 長楽のヒノキ 愛知県豊橋市石巻本町字板取 5.4m
ヒノキ 切越の夫婦ヒノキ 愛知県岡崎市切越町 4.2m
ヒノキ 北山経塚の大ヒノキ 三重県四日市市北山町1566 6.7m
ヒノキ 大杉神社の大ヒノキ 兵庫県美方郡新温泉町久斗山字宮前 6.2m
ヒノキ 庚申堂の大ヒノキ 兵庫県神崎郡神河町福本 5.1m
ヒノキ 天分神社のヒノキ 奈良県吉野郡野迫川村檜股 5.7m
ヒノキ 多陀寺のヒノキ 島根県浜田市生湯町1767 5m
ヒノキ 粟倉神社の大ヒノキ 岡山県英田郡西粟倉村長尾 6.05m
ヒノキ 和田のヒノキ 岡山県加賀郡吉備中央町和田 4.3m
ヒノキ 八栄神社の大ヒノキ 広島県山県郡北広島町岩戸字中宮 5.95m
ヒノキ 白房神社のヒノキ 広島県庄原市一木町 5.5m
ヒノキ 村荒神モリのヒノキ 山口県柳井市伊陸上竹常 7.2m
ヒノキ 八幡人丸神社御旅所のヒノキ 山口県長門市油谷新別名233-2 4.7m
ヒノキ 葛籠のヒノキ 徳島県美馬郡つるぎ町一宇葛籠 5m
ヒノキ 大久保のヒノキ 宮崎県東臼杵郡椎葉村下福良字大久保 8.3m


◇ ヒノキ (桧・檜 学名:Chamaecyparis obtusa)
  ◎ 分 類 ヒノキ科ヒノキ属 針葉樹・常緑高木
  ◎ 特 徴 古くから日本人の生活と結びつきが深く、スギとともに建築材として最も広く利用されている。園芸品種も多い。高さは普通20〜30m、大きいものは高さ50m、直径2.5mになる。枝は細く、水平に広がって密な卵形の樹冠になる。樹皮は赤褐色で、やや幅広く縦に裂けてはがれる。花は4月に開く。雌雄同株。球果は直径8〜12mmのほぼ球形で、10〜11月に成熟すると赤褐色になる。種子は卵形で両側に翼がある。
  ◎ 分 布 本州(福島県以西)、四国、九州(屋久島まで)
  ◎ 用 途 庭木、盆栽、建築・土木・器具・彫刻材
        ( 引用 : 「日本の樹木」 山と渓谷社 1985 )