スギ(杉) 2009/4/19
樹の国・日本
樹種別一覧
和音別検索
スギ(杉)
クスノキ(楠)
イチョウ(銀杏)
ケヤキ(欅)
カツラ(桂)
サクラ(桜)
シイ(椎)
カヤ(榧)
ヒノキ(檜)
ムクノキ(椋)
マツ (松)
トチノキ(栃)
カシ(樫)
巨樹・巨木・名木(杉)

PAGE 1 北海道・東北・関東
PAGE 2 北陸・甲信越
PAGE 3 東海・近畿
PAGE 4 中国・四国・九州


◇ スギ (杉 学名:Cryptomeria japonica)
  ◎ 分 類 スギ科スギ属 針葉樹・常緑高木
  ◎ 特 徴 日本特産で、各地に広く自生し、また有用樹種として最も多く植林されている。日本では最も大きく、長寿の木といわれ、屋久島には樹齢3000年を超えるものがある。大きいものは高さ65mに達する。樹冠は楕円状円錐形で、老木になるとまるくなる。樹皮は赤褐色で縦に長く裂ける。4月頃開花する。太平洋側に自生するものをオモテスギと呼ぶのに対し、日本海側に多い変種のアシウスギをウラスギという。 
  ◎ 分 布 本州、四国、九州
  ◎ 用 途 建築・土木・器具・楽器・彫刻・梱包材、庭木、街路樹、盆栽、経木
        ( 引用 : 「日本の樹木」 山と渓谷社 1985 )