鷹見会計事務所
  ホームへ戻る
直接税 2007/11/26
会計・税務用語集
1.直接税とは
  直接税とは納税者と税金の実質的な負担者(担税者)が同一である税金をいいます。こ
 れに対し、納税者と担税者が異なる税金が間接税です。
2.直接税の例
  所得税、法人税、相続税、贈与税、都道府県民税、市町村民税、固定資産税、自動車税
3.直間比率
  直接税と間接税の比率(直間比率)の国際比較が論じられますが、参考までに主要国の
 直間比率を掲げておきます。(財務省の統計)
           日本    アメリカ   イギリス   ドイツ   フランス
 直間比率     69%    75%    57%    49%    51%
(注) 国税と地方税の合計数値で、小数点以下切捨て、2006年1月現在の資料
  ホームへ戻る
copyright © TAKAMI KAIKEI all rights reserved.