鷹見会計事務所
  ホームへ戻る
間接税 2006/11/26
会計・税務用語集
1.間接税
  間接税とは納税者と税金の実質的な負担者(担税者)が異なる税金をいいます。これに
 対し、納税者と担税者が同一の税金を直接税といいます。
  例えば、消費税は財貨、サービスの最終消費者が負担しますが、それを納付するのは企
 業などの事業者ですので、間接税に分類されます。
2.間接税の例
  消費税・たばこ税・酒税・印紙税・軽油取引税・ゴルフ場利用税

  ホームへ戻る
copyright © TAKAMI KAIKEI all rights reserved.