鷹見会計事務所
  ホームへ戻る
未成工事受入金 2007/1/26
会計・税務用語集
1.未成工事受入金とは
  未成工事 (未だ完成していない工事、又は引渡しが完了していない工事) について発
 注者から工事代金を受け入れた場合に使用する科目を 「未成工事受入金」 といいます。
  一般の簿記会計における「前受金」に該当するもので、建設業会計の勘定科目です。
2.未成工事受入金に関する一般的な仕訳(例)
  建設業会計において、工事代金の受入及び工事完成に際しては通常次のように仕訳し
 ます。
 @) 工事が完成するまでの間に工事代金を受け入れた時
     現金預金  ××× /  未成工事受入金  ×××
 A) 工事が完成し、引渡しを完了した時
   (1) 工事代金の全てを既に受け入れている場合
     未成工事受入金  ×××  /  完成工事高  ×××
                            仮受消費税  ×××
   (2) 工事代金の一部について未収全がある場合
     未成工事受入金   ×××  /  完成工事高  ×××
     完成工事未収入金  ×××     仮受消費税  ×××
  ホームへ戻る
copyright © TAKAMI KAIKEI all rights reserved.